多面的機能支払事業(旧 農地・水保全管理支払交付金)

平成26年度より、制度の組替・名称変更により農地・水保全管理支払交付金事業は
「農地維持支払」と「資源向上支払」になりました。

事業の趣旨

 農地・農業用水等の資源の適切な保全管理が、高齢化や混住化等により困難になってきていることから、地域ぐるみでの効果の高い共同活動と、農業者ぐるみでの先進的な営農活動を支援することを目的としています。


農地維持支払

 草刈り・泥上げ・農道の砂利敷き等の基礎的な保全活動に対して支払われます。

資源向上支払

 ・水路や農道等の軽微な補修
 ・景観形成や生態系保全等の環境活動
 ・多面的機能の増進を図る活動   に対して支払われます。

実施期間

平成19年〜平成23年(1期)

平成24年〜平成28年(2期)

平成29年〜平成33年(3期)

関係組織

邑知潟土地改良区では、構成員として【邑知潟水土里ネットワーク】に参画しており
補修作業に関する技術指導や事務の補助を請け負っています。
事務に関する委託費等は一切いただかず、ボランティアとして活動しています。