国営造成施設管理体制整備促進事業

事業の趣旨

 国営事業で造成した農業水利施設は、農業生産面での役割だけでなく、防火用水・洪水防止機能などを有しています。
 近年の都市化・混住化の進展に伴い、これら農業水利施設の持つ多面的機能を享受している住民は増加しています。一方で、農家の高齢化等による農業従事者の減少に伴い、農家だけでこれらの施設を維持していくことが困難な状況となっています。このような状況の中、施設の多面的機能を維持していくためには非農家を含めた地域の積極的な参加・支援が必要である。
 これらの農業水利施設を管理している土地改良区に維持管理費の一部を助成し、管理体制の整備を図ることを目的としています。

実施期間

1期 平成12年〜平成16年(5年間)
2期 平成17年〜平成21年(5年間)
3期 平成22年〜平成26年(5年間) 《実施中》

事業内容

● 施設管理計画の策定(具体的目標の設定)
● 管理体制整備の推進活動(推進協議会を設置し、合意形成・啓発活動を行う)
● 管理体制の整備・強化(多面的機能の発揮や管理の高度化に対する支援)

補助率など

維持管理費用の37.5%

【拠出内訳】国:50% 県:25% :市25%